ガトラーの鉄底的ブログ
おもに鉄道ネタ、ガンダムネタ、町で見かけた面白ネタなどをつらつらと書き連ねる町田在住のダメ人間のダメな日記。それじゃダメじゃん。でもそんなの関係ねぇ!
プロフィール

ガトラー

Author:ガトラー
鉄道とガンダムとロボットアニメが好きな年中ダメ人間。最近はこしあん堂とニコニコ動画とらき☆すたと旧型国電に毒され気味。好きなモビルスーツはRX-78-2。

2004年の12月始めにいきり立って架空鉄道サイト「全力疾走快特」を開設し「湾岸急行電鉄」で衝撃のデビュー。
2005年に小説「かっ飛び!ピョン丸くん」を公開、2006年にはサイト開設2周年を迎え、人生の殆んどをネタに捧げている。なんてこなた。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回近江・四国オフ(その3・車両解説篇)
さぁさぁ、お待たせしました。
ここからはお待ちかね、車両解説のコーナーでござい。

○モハ50形
登場した時期によってかなり形態に差異のあるこの電車。
市内線の主力車輌で、ちょっと強引にまとめられている気がしないでもありません。
ここでは形態別に紹介していきましょう。

 iyt_66.jpg
○モハ66
1962年ナニワ工機(現・アルナ車輌)製。軽量構造のふっくらした車体に腰板のリブが特徴。
窓が大きくてなかなかいい感じの路面電車。
こういう軽量構造の電車にクーラーなんか乗っけて、強度は大丈夫だったんだろうか?
…まぁ、元気に走り回ってるところを見ると、大丈夫なんだろうな。うん。

iyt_59.jpg
○モハ59
1954年ナニワ工機(現・アルナ車輌)製。現在動いている市内線電車の中では古い方。
半鋼製車体で、室内には木が使用されておりなかなかいい感じ。大事に使われていますね。

iyt_78.jpg
○モハ78
1965年帝国車輛製。先ほど出した66号と似た形態ですが、リブがないのが特徴。
側面も垂直に切り立っていてどこか印象が違います。

iyt_2102_2.jpg
○モハ2100形(2102)
2002年アルナ工機(現・アルナ車輌)製「リトルダンサー」。白く角張った車体から、ついたあだ名が「豆腐」。下がオレンジなので「胡麻豆腐」とも。側面にはなんか妙なスローガンが書かれています。

iyt_2004.jpg
○モハ2000形(2004)
1964年ナニワ工機(現・アルナ車輌)製、もと京都市電2004号。
ちなみに2001号は欠番ですが、これは京都市が保存車に指定したため2001号だけ伊予鉄に入線しなかったから。
京都市電だったこともあって、車両は他の市内電車よりも少々ずんぐりした印象。
なのに伊予鉄カラーが似合っている不思議。やはり窓が大きいからなんでしょうか。


iyt_30.jpg
○モニ30
1952年古町工場製。台車はブリル21E。
もともとは工場内の入換に使われていた電車ですが、今ではモーターカーに出番を奪われお役後免に。訪問した時には写真のように、ビューゲルも下ろされライトも剥がされ、塗装は褪せて錆だらけ、見るも無惨な姿を晒していました。このまま朽ち果てていくのを待つのみなのでしょうか…。

iyt_d1.jpg
○坊っちゃん列車1号(D1+ハ1+ハ2)
3両とも、2001年新潟鐵工所(現・新潟トランシス)製。
このD1号は、梅津寺に保存されている1号のレプリカ。
見た目は蒸機ですが、実はディーゼル機だったりするというとんでもない機関車。
もともとはこのD1のみで運行され、閑散時にはハ31を、多客時にはハ1+ハ2を牽引していたようですが、現在はD1+ハ1+ハ2で限定運用が組まれています。

houten4.jpg
○坊っちゃん列車2号(D14+ハ31)
2002年新潟鐵工所製。こちらは14号蒸機のレプリカ。
先に述べたハ31号を牽引して運行します。ハ31号はハ1・2号に比べて大型。
実は坊っちゃん列車の燃料に使われているディーゼル油は、環境に配慮した低硫黄経由らしいですよ?

matsuyamashi.jpg
○700系
もと京王・京王線の5000系。
…といっても、ゲージが違うのでモハの足回りは小田急や東武から持って来たものを組み合わせ。ちなみにクハの台車は車輪を交換して対応しているという荒療治?が行なわれています。前面の方向幕は埋め込まれています。モハ+クハの2両編成、またはモハ+モハ+クハの3両編成で運行。

iyt_821.jpg
○800系
もと京王線2010系。…ただし、やっぱりゲージが違うので台車は井の頭線の1000系のものを使っています。…だったら1000系をそのまま渡してしまえばよかったのでは?
ちなみに伊予鉄には京王井の頭線3000系が入線することが決まっており、この車両も去就が注目されます。

iyt_662.jpg
○610系
驚くほど東武20000系に側面がそっくりなこの車両。
なんでも、東武20000系が5扉車(20050系)を投入することになったので、先に作ってあった3扉の車体が余ってしまったのでこれを活用したとのこと。早い話が、突然の設計変更で東武から「いらない」と言われた車体を上手いこと使いまわしたわけですな。似てるわけだ。
ちなみに台車は東武2000系、制御装置は京王5000系と相変わらずのごった煮。

1_02.jpg
○甲1号
なんといっても伊予鉄を語る上で外すことができないのがこの機関車。
伊予鉄開業時に、刺賀(さすが)商会を通じてドイツはクラウス社から購入した蒸機。
もともとは762mmの軽便蒸機だったんですが、1067mmに改軌された後も使われました。
先に述べたD1形ディーゼル機は、これのレプリカなんです。
ほかに、本社ビル前には走行可能なレプリカ(これはモノホンの蒸機)が置いてあります。

以上、伊予鉄道の簡単な車両紹介でした。
shamon.jpg
「イ」が「ヨ」っつで「イヨ」鉄道!
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

よく見ると700系って富士急1000系と同じなんですね~
610系は東武20000系の流用だったのか・・・
貫通扉はどうしたんだ?埋めたのか?
【2009/03/29 12:14】 URL | 小田急線ファン #- [ 編集]


>610系は東武20000系の流用だったのか・・・
>貫通扉はどうしたんだ?埋めたのか?
流用というか、3ドアの車体が出来上がっていたところに設計変更がきてしまったので、仕掛品の状態のまま余っちゃったのではと思われ。
で、勿体無いから適当な前面パーツをつけて(最近のSUS車は前面だけ別パーツになってる場合が多い)もっともらしくでっち上げたのが伊予鉄の610系なのではないかと。
【2009/03/29 13:18】 URL | ガトラー@漆黒 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatoblog.blog59.fc2.com/tb.php/104-420789bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。