ガトラーの鉄底的ブログ
おもに鉄道ネタ、ガンダムネタ、町で見かけた面白ネタなどをつらつらと書き連ねる町田在住のダメ人間のダメな日記。それじゃダメじゃん。でもそんなの関係ねぇ!
プロフィール

ガトラー

Author:ガトラー
鉄道とガンダムとロボットアニメが好きな年中ダメ人間。最近はこしあん堂とニコニコ動画とらき☆すたと旧型国電に毒され気味。好きなモビルスーツはRX-78-2。

2004年の12月始めにいきり立って架空鉄道サイト「全力疾走快特」を開設し「湾岸急行電鉄」で衝撃のデビュー。
2005年に小説「かっ飛び!ピョン丸くん」を公開、2006年にはサイト開設2周年を迎え、人生の殆んどをネタに捧げている。なんてこなた。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回近江・四国オフ(その3・紀行篇)
いよいよやってまいりました第3回。
今回は紀行篇と車両篇の2篇に分けて紹介したいと思います。
なぜかって?写真がムチャクチャ多いからさ!

ekimae_ohte1.jpg
ekimae_ohte2.jpg
まずは松山駅から歩いて市駅へ。電車が次々と通ってくるので、大量に撮影。
ohtemachi.jpg
途中で大手町の平面交差を歩きました。こういう「道路の横にいきなりホームがある駅」って素敵だと思うんだ。

minamihori1.jpg
iyt_59.jpg
ohte_minamihori1.jpg
minamihori2.jpg
さらに、南堀端周辺でも大量に撮影。

iyt_2102.jpg
iyt_2104.jpg
「豆腐」こと2100形もやってきました。

matsuyamashi.jpg
さて、市駅に辿り着いた一行は「ICい~カード」を購入し、いよいよ高浜線に乗り込みます。車両は京王のお下がり。でも足回りは東武やら小田急やらというゴチャマゼ仕様。

takahama.jpg
takahama_ekisha.jpg
終点の高浜に到着。なかなかいい感じの駅です。

baishinji.jpg
そのあと、一つ前の梅津寺駅に戻り…

iyt_1.jpg
1_02.jpg
1_meiban.jpg
「坊っちゃん列車」こと、クラウス製1号蒸気機関車を撮影。
クラウスかわいいよクラウス

iyt_611.jpg
komachi_1.jpg
komachi_2.jpg
そのあとは車庫のある古町へ移動。駅の裏手に回り撮影開始。

iyt_724_2.jpg
iyt_2004.jpg
駅構内の市駅側は、市内線が高浜線を乗り越す形の配線になっていて、このように同一の踏切から市内線、高浜線両方の電車を撮ることができます。

iyt_30.jpg
構内には荷電モニ30が放置されていました。ビューゲルもライトも外されてすっかり荒れ放題です。

iyt_662.jpg
そして伊予鉄の(少なくとも見かけは)ピカ一の610系もいました。今回は611F・612Fともに昼寝中。

さて、ここで伊予鉄の名物である珍風景をご紹介しましょう。
それは朝のラッシュアワーが終わった時にしか見られない光景なんですが…。
tankou1.jpg
tankou2.jpg
tankou3.jpg
これでは、駅構内に留置されているようにしか見えないですよね?
しかし!驚くのはここから。

tankou4.jpg

!?

…そうです。本線上をたった1両だけで走ってますね。実はこれ、ラッシュアワーが終わると高浜側の1両はいらなくなるので、市駅で切り離して車庫までたった1両で回送されるというものです。こういう不思議な光景を見られるのも伊予鉄ならでは。

iyt_2102_2.jpg
さて一行は、「豆腐」に乗り込み市役所前へ。
ここでは松山城、および愛媛県庁と電車の組み合わせが撮影できるとあって、ファンの間ではかなり有名な場所。

kencho_1.jpg
kencho_2.jpg
kencho_3.jpg
モダンな県庁舎をバックに。

さてその後は、モハ50形(車番失念)に乗り込んで市駅へ戻り、電車の足回りやら撮影。
…していたら、坊っちゃん列車が入線してきました。今回やってきたのはD14+ハ31。

iyt_d14.jpg
この坊っちゃん列車、終端駅での方向転換が何よりも見物だったりします。
まず、機関車が客車から切り離されてそのまま前進、渡り線の上で停止すると車両下部にあるジャッキで持ち上がっていきます。

houten1.jpg
houten2.jpg
houten3.jpg
そして、なんと手動で方向転換していくのです。これは鉄道ファンならずともワクワクする光景でしょう。

teoshi.jpg
もちろん、客車も手押しで入れ換えます。

houten4.jpg
方向転換完了!せっかくなので、この坊っちゃん列車に乗って道後温泉を目指します。

ha13.jpg
車内はこんな感じ。椅子が木製なので結構硬いです。乗り心地はというと、微妙…。

dougoonsen.jpg
道後温泉に到着。これまたいい駅舎です。
ここで昼食をとろうかと、温泉街を歩いてみるのですが、いい店が見つからず結局、昼食は松山駅前のマックでした。今回はジンジャーエールがあったので富士川さんは満足していたようですが…

クォーターパウンダーがねぇっ!!…まぁ、てりたま食えたからよしとするか。

heimen1.jpg
heimen2.jpg
その後再び徒歩で大手町へ行き、平面交差を撮影。
もちろん高浜線が優先なので、踏切が開くまで市内線電車はストップ。
他では滅多に見られない光景です。

……このあとが地獄でした。
松山駅へ戻り、普通観音寺行きの7000系に乗り込むも、途中駅での7分待ちや10分待ちはザラ、ひどいときには20分も待たされるという外道ダイヤ。しかも来る特急が8000系ばっかり。まさに至酷。
しかも観音寺で乗り換えた高松行きがまたしても7000系。ここまで連続で来られると飽きます。せめて121か、113か、6000あたりにしてくれよ…。

TS3B0985.jpg

さて、長い長い7000系地獄を味わった一行は坂出に到着。ここで魔改造とまさかの遭遇。

TS3B0986.jpg
マリンライナーで岡山へ。

TS3B0989.jpg
湘南色はいい、心が洗われる

TS3B0994.jpg
187の顔は見ていて癒されます。

TS3B0996.jpg
先代のマリンライナーもいました。改造先頭車の顔はなんか間抜けで笑えます。

TS3B0993.jpg
サンライナーにも会いました。

TS3B0987.jpg
こいつにどれだけ馬鹿にされてきたか。

TS3B0990.jpg
さて、岡山からは「カフェオレ」115系に乗って姫路までのロングラン。そこから最終の新快速に乗って三ノ宮へ移動。
TS3B0998.jpg
すぐ隣の阪急三宮駅には、山陽電車が寝ていました。
山陽電車って、ロゴ変わってたんですね。知らなかった。
こういう東海フェイスの変形版みたいな顔、好きです。

さて、第4回はいよいよ3日目に突入します。
ことでんの旧型に乗りに行きます。そんな鉄の切ない思い…

届けてよ~ ジャンボフェリー♪

正直、ジャンボフェリーの歌が耳から離れません。むしろフルで聴きたい。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://gatoblog.blog59.fc2.com/tb.php/103-2ec45e9a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。