ガトラーの鉄底的ブログ
おもに鉄道ネタ、ガンダムネタ、町で見かけた面白ネタなどをつらつらと書き連ねる町田在住のダメ人間のダメな日記。それじゃダメじゃん。でもそんなの関係ねぇ!
プロフィール

ガトラー

Author:ガトラー
鉄道とガンダムとロボットアニメが好きな年中ダメ人間。最近はこしあん堂とニコニコ動画とらき☆すたと旧型国電に毒され気味。好きなモビルスーツはRX-78-2。

2004年の12月始めにいきり立って架空鉄道サイト「全力疾走快特」を開設し「湾岸急行電鉄」で衝撃のデビュー。
2005年に小説「かっ飛び!ピョン丸くん」を公開、2006年にはサイト開設2周年を迎え、人生の殆んどをネタに捧げている。なんてこなた。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回近江・四国オフ(最終日)
…風が恋を運ぶ~♪
というわけで、今回はいよいよ最終章。
ジャンボフェリー「こんぴら2」で高松東港へ向かった一行は、雨の降る中徒歩で瓦町まで移動。途中の片原町でフリー切符を購入。

TS3B0999.jpg
道すがら、築港駅で待機中の1100形を発見。

さて、始発も動き出した頃、瓦町に到着。志度線ホーム側から突入です。

TS3B1006.jpg

ここでこんな会話が飛び出した。

逸軌園さん「何に乗りたいですか?」
富士川さん「700に乗りたいですね」
でら大船さん「え?」
俺「(照)」
逸軌園さん「志度線には乗りませんよ?(苦笑)」

…どうやら富士川さんは志度線に乗るものだと思い込んでいたようです。
自分もそう思い込んでいただけに少し恥ずかしかったよぅ。

そう、今回のお目当ては「近代化産業遺産」に登録された旧型電車3両。
その記念列車に乗車することになったのです。
それではご紹介~。

今回の編成は長尾方面から120+300+500の順で連結。

TS3B1025.jpg
●1000形(120)
高松琴平電気鉄道、つまり今の琴電の前身である琴平電気鉄道が開業にあわせて登場させた電車。汽車会社製。もともと側面に丸窓がついた電車だったそうですが改造されて見る影もありません。この時期の半鋼製車らしく、小窓がずらりと並びつつもわりと均整が取れたスタイルに纏まっています。

TS3B1008.jpg
●3000形(300)
先ほどの120と同じく開業に合わせて登場した車両。こちらは日本車輌製で上田のモハ5250とはそっくりさん。こちらもやはり保守の問題なのか丸窓を通常の角窓に改造されてしまったのですが、この300号はのちに外側だけ丸窓を復元しています。
でも内側は角窓のまんまなのでなんか変な感じ。

TS3B1036.jpg
●5000形(500)
こちらはもともと付随制御車、国鉄で言うクハに相当する車輌として加藤車輌で製造。
その後電装されて現在の姿になっています。120や300とは同時期の車輌ですがこの車輌だけ丸窓はついてませんでした。富士川さんお気に入りの車輌とのこと。

この記念列車でまずは長尾に移動。最初は500号に乗車ですが、ここで私のみにまたあの悲劇が降りかかるのでした。

 「琴電長尾線の法則」

    長尾線はレールの振動を拾って電車がとにかく揺れるので、
      うかつに眠りにつこうものならシートから転落してしまう…という法則である

この法則によって、車内でうとうとしていたガトラーは椅子から転☆落。
前回に続いてまたも恥をかいてしまうのでありました。学習しろよ俺。

TS3B1039.jpg

そのあと長尾から300号で築港へ行き、120号に移って瓦町へ戻ってきました。
300号の車内ではなかなか良い雰囲気のご婦人が座ってらしたので、さりげなく映っていただきました。
しっかし、欲を言えば後ろの高架橋がないほうが良かったかも(無茶を言うな)。

TS3B1046.jpg
TS3B1040.jpg
TS3B1041.jpg
そのあとは仏生山へ行きましたが、研修庫はすべて閉まっておりちょっと残念。

TS3B1049.jpg

ただ、車庫の目の前にはピカピカになったばかりだというデカが出番を待っていました。
動いているところが見れなかったのは残念ですが、綺麗になった後の姿を見れただけでもよしとしましょう。

TS3B1052.jpg

さてこの後はもと京急・初代1000形のうち初期型の1080形に乗り込み…

TS3B1060.jpg
TS3B1058.jpg
高松駅の構内で気動車を撮影ののち…

TS3B1062.jpg
帰宅コースに突入。再びのマリンライナーです。
なんという偶然か、同じ編成にぶち当たりました。

その後は岡山→相生→姫路と列車を乗り継ぎ、一路東へ。
TS3B1063.jpg
やはり湘南色はいい、心が癒される

TS3B1064.jpg
姫路駅の姫新線ホームで見つけた例のアレ。
その後は米原→大垣→浜松と転換クロス車を乗り継ぎ。
とにかく座りたかったので、乗換駅ではダッシュの連続でした。
浜松から静岡まではロングの211系。
静岡支社だからロングなのは仕方ないとして、混み過ぎだろうこれ…。
しかし、静岡には思わぬ贅沢列車が!

身延線や飯田線では特急として走っている373系が運用につく普通列車・338M!
特急車輌が普通列車として走っている、こんな贅沢がありますか?
これに乗って横浜までゆったりとくつろぐ…

 ハ ズ だ っ た ん で す が 。

TS3B1073.jpg

富士駅で富士川さんと別れた後、このまま発車してくれれば良かったんですが、
なんと大雨の影響だとかで抑止され、なんと338Mは立ち往生。
何と運転再開までに2時間もかかり、これじゃ横浜線の終電には間に合いそうもない。
やむなく計画を変更し、小田原駅で別れて小田急で帰宅することにしました。

TS3B1074.jpg
小田原から新松田まではこれに乗っていきましたが、流石に疲れていたのでなんとも…。
また箱根に遊びに行く時にでもじっくりお顔を拝みたいところです。

以上をもちまして、四国旅行レポを終了します。
お付き合いありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

第2回近江・四国オフ(その3・車両解説篇)
さぁさぁ、お待たせしました。
ここからはお待ちかね、車両解説のコーナーでござい。

○モハ50形
登場した時期によってかなり形態に差異のあるこの電車。
市内線の主力車輌で、ちょっと強引にまとめられている気がしないでもありません。
ここでは形態別に紹介していきましょう。

 iyt_66.jpg
○モハ66
1962年ナニワ工機(現・アルナ車輌)製。軽量構造のふっくらした車体に腰板のリブが特徴。
窓が大きくてなかなかいい感じの路面電車。
こういう軽量構造の電車にクーラーなんか乗っけて、強度は大丈夫だったんだろうか?
…まぁ、元気に走り回ってるところを見ると、大丈夫なんだろうな。うん。

iyt_59.jpg
○モハ59
1954年ナニワ工機(現・アルナ車輌)製。現在動いている市内線電車の中では古い方。
半鋼製車体で、室内には木が使用されておりなかなかいい感じ。大事に使われていますね。

iyt_78.jpg
○モハ78
1965年帝国車輛製。先ほど出した66号と似た形態ですが、リブがないのが特徴。
側面も垂直に切り立っていてどこか印象が違います。

iyt_2102_2.jpg
○モハ2100形(2102)
2002年アルナ工機(現・アルナ車輌)製「リトルダンサー」。白く角張った車体から、ついたあだ名が「豆腐」。下がオレンジなので「胡麻豆腐」とも。側面にはなんか妙なスローガンが書かれています。

iyt_2004.jpg
○モハ2000形(2004)
1964年ナニワ工機(現・アルナ車輌)製、もと京都市電2004号。
ちなみに2001号は欠番ですが、これは京都市が保存車に指定したため2001号だけ伊予鉄に入線しなかったから。
京都市電だったこともあって、車両は他の市内電車よりも少々ずんぐりした印象。
なのに伊予鉄カラーが似合っている不思議。やはり窓が大きいからなんでしょうか。


iyt_30.jpg
○モニ30
1952年古町工場製。台車はブリル21E。
もともとは工場内の入換に使われていた電車ですが、今ではモーターカーに出番を奪われお役後免に。訪問した時には写真のように、ビューゲルも下ろされライトも剥がされ、塗装は褪せて錆だらけ、見るも無惨な姿を晒していました。このまま朽ち果てていくのを待つのみなのでしょうか…。

iyt_d1.jpg
○坊っちゃん列車1号(D1+ハ1+ハ2)
3両とも、2001年新潟鐵工所(現・新潟トランシス)製。
このD1号は、梅津寺に保存されている1号のレプリカ。
見た目は蒸機ですが、実はディーゼル機だったりするというとんでもない機関車。
もともとはこのD1のみで運行され、閑散時にはハ31を、多客時にはハ1+ハ2を牽引していたようですが、現在はD1+ハ1+ハ2で限定運用が組まれています。

houten4.jpg
○坊っちゃん列車2号(D14+ハ31)
2002年新潟鐵工所製。こちらは14号蒸機のレプリカ。
先に述べたハ31号を牽引して運行します。ハ31号はハ1・2号に比べて大型。
実は坊っちゃん列車の燃料に使われているディーゼル油は、環境に配慮した低硫黄経由らしいですよ?

matsuyamashi.jpg
○700系
もと京王・京王線の5000系。
…といっても、ゲージが違うのでモハの足回りは小田急や東武から持って来たものを組み合わせ。ちなみにクハの台車は車輪を交換して対応しているという荒療治?が行なわれています。前面の方向幕は埋め込まれています。モハ+クハの2両編成、またはモハ+モハ+クハの3両編成で運行。

iyt_821.jpg
○800系
もと京王線2010系。…ただし、やっぱりゲージが違うので台車は井の頭線の1000系のものを使っています。…だったら1000系をそのまま渡してしまえばよかったのでは?
ちなみに伊予鉄には京王井の頭線3000系が入線することが決まっており、この車両も去就が注目されます。

iyt_662.jpg
○610系
驚くほど東武20000系に側面がそっくりなこの車両。
なんでも、東武20000系が5扉車(20050系)を投入することになったので、先に作ってあった3扉の車体が余ってしまったのでこれを活用したとのこと。早い話が、突然の設計変更で東武から「いらない」と言われた車体を上手いこと使いまわしたわけですな。似てるわけだ。
ちなみに台車は東武2000系、制御装置は京王5000系と相変わらずのごった煮。

1_02.jpg
○甲1号
なんといっても伊予鉄を語る上で外すことができないのがこの機関車。
伊予鉄開業時に、刺賀(さすが)商会を通じてドイツはクラウス社から購入した蒸機。
もともとは762mmの軽便蒸機だったんですが、1067mmに改軌された後も使われました。
先に述べたD1形ディーゼル機は、これのレプリカなんです。
ほかに、本社ビル前には走行可能なレプリカ(これはモノホンの蒸機)が置いてあります。

以上、伊予鉄道の簡単な車両紹介でした。
shamon.jpg
「イ」が「ヨ」っつで「イヨ」鉄道!

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

第2回近江・四国オフ(その3・紀行篇)
いよいよやってまいりました第3回。
今回は紀行篇と車両篇の2篇に分けて紹介したいと思います。
なぜかって?写真がムチャクチャ多いからさ!

ekimae_ohte1.jpg
ekimae_ohte2.jpg
まずは松山駅から歩いて市駅へ。電車が次々と通ってくるので、大量に撮影。
ohtemachi.jpg
途中で大手町の平面交差を歩きました。こういう「道路の横にいきなりホームがある駅」って素敵だと思うんだ。

minamihori1.jpg
iyt_59.jpg
ohte_minamihori1.jpg
minamihori2.jpg
さらに、南堀端周辺でも大量に撮影。

iyt_2102.jpg
iyt_2104.jpg
「豆腐」こと2100形もやってきました。

matsuyamashi.jpg
さて、市駅に辿り着いた一行は「ICい~カード」を購入し、いよいよ高浜線に乗り込みます。車両は京王のお下がり。でも足回りは東武やら小田急やらというゴチャマゼ仕様。

takahama.jpg
takahama_ekisha.jpg
終点の高浜に到着。なかなかいい感じの駅です。

baishinji.jpg
そのあと、一つ前の梅津寺駅に戻り…

iyt_1.jpg
1_02.jpg
1_meiban.jpg
「坊っちゃん列車」こと、クラウス製1号蒸気機関車を撮影。
クラウスかわいいよクラウス

iyt_611.jpg
komachi_1.jpg
komachi_2.jpg
そのあとは車庫のある古町へ移動。駅の裏手に回り撮影開始。

iyt_724_2.jpg
iyt_2004.jpg
駅構内の市駅側は、市内線が高浜線を乗り越す形の配線になっていて、このように同一の踏切から市内線、高浜線両方の電車を撮ることができます。

iyt_30.jpg
構内には荷電モニ30が放置されていました。ビューゲルもライトも外されてすっかり荒れ放題です。

iyt_662.jpg
そして伊予鉄の(少なくとも見かけは)ピカ一の610系もいました。今回は611F・612Fともに昼寝中。

さて、ここで伊予鉄の名物である珍風景をご紹介しましょう。
それは朝のラッシュアワーが終わった時にしか見られない光景なんですが…。
tankou1.jpg
tankou2.jpg
tankou3.jpg
これでは、駅構内に留置されているようにしか見えないですよね?
しかし!驚くのはここから。

tankou4.jpg

!?

…そうです。本線上をたった1両だけで走ってますね。実はこれ、ラッシュアワーが終わると高浜側の1両はいらなくなるので、市駅で切り離して車庫までたった1両で回送されるというものです。こういう不思議な光景を見られるのも伊予鉄ならでは。

iyt_2102_2.jpg
さて一行は、「豆腐」に乗り込み市役所前へ。
ここでは松山城、および愛媛県庁と電車の組み合わせが撮影できるとあって、ファンの間ではかなり有名な場所。

kencho_1.jpg
kencho_2.jpg
kencho_3.jpg
モダンな県庁舎をバックに。

さてその後は、モハ50形(車番失念)に乗り込んで市駅へ戻り、電車の足回りやら撮影。
…していたら、坊っちゃん列車が入線してきました。今回やってきたのはD14+ハ31。

iyt_d14.jpg
この坊っちゃん列車、終端駅での方向転換が何よりも見物だったりします。
まず、機関車が客車から切り離されてそのまま前進、渡り線の上で停止すると車両下部にあるジャッキで持ち上がっていきます。

houten1.jpg
houten2.jpg
houten3.jpg
そして、なんと手動で方向転換していくのです。これは鉄道ファンならずともワクワクする光景でしょう。

teoshi.jpg
もちろん、客車も手押しで入れ換えます。

houten4.jpg
方向転換完了!せっかくなので、この坊っちゃん列車に乗って道後温泉を目指します。

ha13.jpg
車内はこんな感じ。椅子が木製なので結構硬いです。乗り心地はというと、微妙…。

dougoonsen.jpg
道後温泉に到着。これまたいい駅舎です。
ここで昼食をとろうかと、温泉街を歩いてみるのですが、いい店が見つからず結局、昼食は松山駅前のマックでした。今回はジンジャーエールがあったので富士川さんは満足していたようですが…

クォーターパウンダーがねぇっ!!…まぁ、てりたま食えたからよしとするか。

heimen1.jpg
heimen2.jpg
その後再び徒歩で大手町へ行き、平面交差を撮影。
もちろん高浜線が優先なので、踏切が開くまで市内線電車はストップ。
他では滅多に見られない光景です。

……このあとが地獄でした。
松山駅へ戻り、普通観音寺行きの7000系に乗り込むも、途中駅での7分待ちや10分待ちはザラ、ひどいときには20分も待たされるという外道ダイヤ。しかも来る特急が8000系ばっかり。まさに至酷。
しかも観音寺で乗り換えた高松行きがまたしても7000系。ここまで連続で来られると飽きます。せめて121か、113か、6000あたりにしてくれよ…。

TS3B0985.jpg

さて、長い長い7000系地獄を味わった一行は坂出に到着。ここで魔改造とまさかの遭遇。

TS3B0986.jpg
マリンライナーで岡山へ。

TS3B0989.jpg
湘南色はいい、心が洗われる

TS3B0994.jpg
187の顔は見ていて癒されます。

TS3B0996.jpg
先代のマリンライナーもいました。改造先頭車の顔はなんか間抜けで笑えます。

TS3B0993.jpg
サンライナーにも会いました。

TS3B0987.jpg
こいつにどれだけ馬鹿にされてきたか。

TS3B0990.jpg
さて、岡山からは「カフェオレ」115系に乗って姫路までのロングラン。そこから最終の新快速に乗って三ノ宮へ移動。
TS3B0998.jpg
すぐ隣の阪急三宮駅には、山陽電車が寝ていました。
山陽電車って、ロゴ変わってたんですね。知らなかった。
こういう東海フェイスの変形版みたいな顔、好きです。

さて、第4回はいよいよ3日目に突入します。
ことでんの旧型に乗りに行きます。そんな鉄の切ない思い…

届けてよ~ ジャンボフェリー♪

正直、ジャンボフェリーの歌が耳から離れません。むしろフルで聴きたい。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

第2回近江・四国オフ(その2)
(米原~松山)
TS3B0781.jpg
米原駅からは近江鉄道であちらこちら。
まずは多賀大社前行きの800系に乗車。

TS3B0783.jpg
トワイラを車内で発見。客車まで撮る余裕がなかったのが悔やまれます。
その後電車は多賀大社前に向けて出発…。

TS3B0785.jpg

彦根で長時間停車中に「あかね号」こと700系と遭遇。
乗ってみたかったなぁ、あかね号。
…で、相も変わらず800系でそのまま多賀へ…

一 人 足 り ね え !

(実はこのとき、富士川さんはトワイラの撮影に夢中になっており乗り遅れてしまった様子。あとでちゃんと合流しました。)

TS3B0805.jpg

さて、なんとか彦根で合流した後は近江鉄道ミュージアムへ。
古典電機やら…。

TS3B0796.jpg

レールバスやら…。

TS3B0815.jpg

500形もいました。ちなみに会場には沿線のゆるキャラである「がもにゃん」と「ひこちゅう」が来ておりました。…でもやっぱり、ひこにゃんに逢いたかったなぁ。

TS3B0835.jpg

その後、桜井へ移動。ここまでまた居眠り。
桜井の駅前ではこんなのを見つけました。
廃車体か!?…なんか、「トワイライトゾーン」あたりに紹介されてそうな怪しいものでした。怪しいといえば、道端にまかれていた大量の大豆。一体誰が?何のために!?

その後はモハ222号車の吊り掛けサウンドを堪能しながら米原に戻ったのち彦根まで乗りとおしたんですが、電池残量がやばかったので写真が1枚もありません。なんという失態だ!

TS3B0841.jpg

その後は新快速で芦屋へ、そこから神戸線普通で今回の宿(ダイヤモンドフェリー『さんふらわあ こがね』)のある住吉へ。ポートライナーに乗りたかったとか細かいことは言わない。駅前のマクドナルドで食事でしたが、富士川さんはジンジャーエールがないことに対して愚痴をこぼしていました。

『さんふらわあ』で一眠りして坂出港に到着、寒い町中を駅へと歩いていきます。
TS3B0842.jpg
待っていたのは7000系。このあと、イヤと言うほどこいつに乗ります。
最初に乗った7016号だけ起動音が他のと違っていました。なんというか…インバータ車らしくないっつーか。

TS3B0846.jpg

終点の松山では、2000系試作車をも遭遇。かなり遠い位置で寝てました。

TS3B0861.jpg

さてこの後、歩いて「市駅」こと、松山市駅に向かうのですが、今回はここまで。
次回はいよいよ伊予鉄を大特集しちゃいますよ。
ちょっとした車両解説なんかもしていこうと思いますので乞うご期待。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

モハ841
つうわけで、3月。マーチでございますツッタカタッタッター♪
3月といえば、このシーズン。青春18きっぷの季節。
そうです。3月19日の夜から、逸軌園さん主催(?)で四国に行ってまいります。
ガトラー的には2度目の四国になりますが、今回のメインは京王3000が入るとかでもっぱら噂の伊予鉄。
大手町の平面クロスやら、運がよければ坊ちゃん列車にも会えるかなぁ。
…東武20000モドキのステンレスカーも気になるとこではありますけど。
琴電とかも勿論見に行きますよ。動態保存車に乗れるといいな。

hkk6000.png
で、これは近況。北海道でひとつネタをやろうかと思い立ったり。
こばやしさん、見てますか?私はあなたのライバルになることをここに宣言します!

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。